FC2ブログ
れびゅうその2・ブリオッシュ
2010 / 09 / 15 ( Wed )
 では第二話について……見てない人はまた今度にしといた方が……。
293
Character FANファンサイト応援中

「リサとガスパール -とびきりキュートなパリの住人-」

「リサとガスパール -とびきりキュートなパリの住人-」
 『ブリオッシュ(邦題・リサとガスパールのちいさなともだち)』を元にアレンジしたものだ。最初に伏線がある。この辺さすが15分枠のテレビアニメだなと思う。学校で毎朝ある落とし物の持ち主探し。ガスの落とし物は必ず自分の鞄に帰ってくる、というテーゼを提示する。こんなのはブリオッシュに関係ないのに何だろう? と思っていると最後に効いてくる。

 アルファベット順に毎週末に家へ連れて帰るのでなく、早速バラディー先生が連れて来たその日から、みんなくじ引きでお世話することになる。リサはここでもわがままぶりを発揮してガスが当たったらその権利を自分に譲れ、とガスを強請る(こわっ!)。リサとガスのクラスは12人(教育的にちょうどいいね!)、その12分の1の確率で最初に当たったのはガスだった。余りにリサが落胆の様子を呈するので、ガスは折れてしまう。ちょーわがまま女!! そんなのに折れんなよガス!! と思っちゃうけどね。だってトワトモだもん(はぐっ!) はーそーですかい。

 リサの家サントゥル・ポンピドゥの全体像も映画の最後の方で映るが、おうちの中のチューブらしいところがよく出ていて居心地の良さそうな感じ。ただし、パパの手作りトラックベッドはデザインが違う。カーブした滑り台はついているけどトラックではなく、ベッドのふちに木の葉がついていて下がピンクの蝶をかたどったブランコになっている。それにベッドは壁に貼りついていないで、もっと広い明るい部屋だ。

 ブリオッシュはききわけがよいが原作通り逃げてしまう。翌朝、アニメ版では学校があるわけで原作の週末預かりのように小細工する暇も無く、従ってペットショップにも行かずプルネット(日本語版・マロン)も出てこない。リサがガスパールに助けを求めて一緒に探してもらううち、ブリオッシュは二人の気づかぬ間に蕪の落ちたガス鞄にもぐりこんでいた。結局見つからず途方に暮れる二人だが、リサパパ・リサママに諭されて正直にケージを持って学校へ。教育的アレンジだね。

 先生やクラスのみんなにお詫びを述べているそのうち、もぞもぞとブリオッシュがガス鞄から這い出して来る。一件落着! 「なくしたものは必ず僕の鞄に帰ってくるのさ」。都合良過ぎ!

 もうね、ガスが良い子なんだわ。はめ外すリサのフォローをどこまでもしてあげる騎士。リサ、こやつガスがいなかったらどーなるの的お騒がせ女だ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

16 : 40 : 38 | 作品レヴュー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<映画の日本語版エンディングおうた | ホーム | 凄いニュース2件>>
コメント
--初めてコメントさせていただきます。--

在大阪の、おっさんリサガスファンです。
突然のコメントで申し訳ありません。
映画のガスパールはとてもいい子ですね。
あのベニスで当て逃げしたスピリットは、メジャーになって消えてしまったのでしょうか、、
by: ふみお * 2010/09/16 13:22 * URL [ 編集] | page top↑
--ふみおさんっ!--

 いらっしゃいませ!! ひみつ基地を上げて歓迎致します。
 ガスはベニスに行って毒にあてられたのでしょうか。リサはパリにいると毒にあたって、それぞれに鬼門があるとか!
 また来て下さいね。
by: CATASTROPHE! * 2010/09/16 13:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://catastrophe2006.blog62.fc2.com/tb.php/5424-72fb55da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |