FC2ブログ
ひこうき
2006 / 04 / 19 ( Wed )



 第三巻「Lisa prend l'avion」リサ、飛行機に乗る。
 「当ててみる?」から始まり、先週のニューヨーク一人旅の行程が語られる。巨大な空港のベンチにたった一人で座っている絵柄は、ちょっと淋しいような、リサの不安を共感させるが、それでも次のページからは得意満面だ。何と言ってもたった一人で初めての大旅行をするんだからね。

 隣の席に居た青い服の女の人もちょっと神経質過ぎない? 絵を見ると、リサがしがみついてる(ぷっ)から本当は怖がってるの解るのに、「Mais c'est l'avion qui bouge, pas moi! 動いてるのは飛行機の方で私じゃないっ!」とコドモに口ごたえされたくらいで席を替わるとは・・・・・・大人気ないような。いや、それでこそフランス女性か。
 ここのリサ、口があるんだよね。ぷん、とふくれてとんがらかした口。激萌えー。反対側の肘掛けにしがみついたり、腕組みしたり、本当は怖いのと強がってるのとが入り乱れてリアル。

 そしてまどろみから覚めたら! わーなんて美味しそうなんでしょう。



 機内食詳細がまたリアル、エールフランスは本当にこんななんだよ。エコノミークラスだけど。中でもde la confiture de cerisesさくらんぼのジャム、というのは日本では殆どお目にかかれない。最近やっと輸入食品店でたまに見かけるようになったくらいだ。

 それで、折角特大オレンジジュースが来て嬉しかったなら、とっとと飲んぢゃえば良かったのにね。これが後の祭りに・・・・・・

 実は問題の場面、フィギュアを知った後から本を読んで納得した。それでブックスタンドのオレンジジュースが傾いていたのかと。




 今、我が家の玄関で軽い仏書籍ペーパーバックだけ支えてるよ。余り大型の本だと、それこそCATASTROPHE! がリアルに起こってしまうからね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

11 : 07 : 09 | 作品レヴュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<説教のことはじめ | ホーム | ついでに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://catastrophe2006.blog62.fc2.com/tb.php/43-41087297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |