FC2ブログ
携帯プレミアグッズ
2006 / 05 / 27 ( Sat )
20060527125713
持ち手はこんな感じ。大きさ比較のために昨日ゲットーのガスたんブクたんも出演するよ。
12 : 57 : 13 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
携帯プレミアグッズ
2006 / 05 / 27 ( Sat )
20060527125421
オフホワイトのA4くらい。
12 : 54 : 21 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
行って来たよ。
2006 / 05 / 26 ( Fri )
 というわけで、もー、リサガス三昧たんのーして来たよ。パネルというのは、絵本のシーンを拡大したのが3面くらいでやっぱり大したことない。でも、品揃えが新作てんこ盛り、新作でなくても珍しいアートタイルとか、もう売り切れたんじゃないかと幻のカバヤのマスコット5種類とか、レアものがあったぞ。欲しい人は明日すぐ行け。先行販売の携帯ケースもあったし。

 中でも初めて見る本革のバッグ3種類は1万円以上したけど、女性の方ならおしゃれ用にも充分対応するポンピドゥ噴水前の柄で、凄い。もち手部分が細くてハイヒールの人に似合いそう。

 大きい浮き輪のふくらましてある実物も見たよ。これならガスたんも沈まないぞ。

 携帯サイト登録者特典は携帯クリーナーか布バッグかのいずれか。非売品デザインデス。

 そして、仕上げは先日コンプリしそこなったカプセルさ。6Fヴィレヴァンへ。2個買ったら、上手くブクルドール出た。でもデパートが3つ目だよ。はは。また行かなきゃ。地下のブックセンターにも急遽カプセルベンダーがもう一つ置かれていた。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

20 : 13 : 23 | じょーほーぬーぼー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
速報リサガスメニュー
2006 / 05 / 26 ( Fri )
20060526190021
ほんとに魚の形のパイだよ。
19 : 00 : 21 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
速報リサガスメニュー
2006 / 05 / 26 ( Fri )
20060526185717
サンデーブランチより中継です
18 : 57 : 17 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
貯金箱もキター
2006 / 05 / 25 ( Thu )



 昼過ぎ、これも出てたよ。わたしの器さんは仕事が早いね。こないだ話題にした貯金箱(可愛くないやつ)。まー買うでしょう。で、目を大きく描き直す。むかし、森雪のポスターにもよく絵具で手を加えたもんだよ。どこって、胸(ぷっ)。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

14 : 38 : 35 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マグネット色々出たね。
2006 / 05 / 25 ( Thu )



 一昨日よりもっと前だったっけ、もう話題にしたあれがネットに出たよ。今日の新着。最近リラがよくフィギュアになるような気がする。リラ可愛いよねー。嫉妬を乗り越え、姉妹愛に目覚めるリサも可愛い。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

09 : 13 : 25 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティールームシリーズ
2006 / 05 / 24 ( Wed )
20060524153907
ごくらくー
15 : 39 : 07 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティールームシリーズ
2006 / 05 / 24 ( Wed )
20060524153617
いーい湯っだっなっ
15 : 36 : 17 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティールームシリーズ
2006 / 05 / 24 ( Wed )
20060524153609
あっ!
15 : 36 : 09 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ティールームシリーズ
2006 / 05 / 24 ( Wed )
20060524153329
お客さんが来る前にひといき入れよ
15 : 33 : 29 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティールームシリーズ
2006 / 05 / 24 ( Wed )
20060524153321
ケーキもできたし
15 : 33 : 21 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティールームシリーズ
2006 / 05 / 24 ( Wed )
20060524153030
リサとガスパールの喫茶室本日開店だよ!
15 : 30 : 31 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うみべのガスパール
2006 / 05 / 24 ( Wed )
 パスコのキャンペーン終わっても、まだまだ更新あるみたいだね。海辺のガスパール壁紙どぞー。ここの左下

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

09 : 49 : 14 | じょーほーぬーぼー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
物欲にまみれてばかりいないで説教
2006 / 05 / 24 ( Wed )
アリストテレース(承前)

 さて、倫理についての言及は『ニコマコス倫理学』という著作に詳しい。倫理観もアリストテレースらしい現実的な考え方である。アリストテレースは徳=アレテーを「知性的徳」と「習性的(倫理的)徳」とに分ける。知性的徳は理性を働かせる徳であって、机上で学ぶ教育や学習で発達する。「観想(テオーリア)的生活」は知識のために知識を探求する思索の生活である。テオーリアtheoriaとは、勿論英語だとtheoryの語源となった言葉で、実践を伴わない静かな思索につながる。この観想的生活・テオーリアの態度がまことに幸福な生活態度である。アリストテレースの説く最高善は幸福=エウダイモニアーeudaimoniaであり、幸福はこの観想的生活にある。なお、テオーリアに対する概念として実践=プラクシス、制作=ポイエーシスがある。また、思慮=フロネーシスphronesisも知性的徳の一つである。何が善であるかを判断し、行動を導く判断力である。

 これに対し習性的徳は実際にある行動を繰り返すことによって習慣=エートスethosとして身につくような徳を呼ぶ。勇気、節制、寛大さ、豪快さ、矜持、穏和、友愛、真実、機知、正義などが挙げられているが、これらは感情や行動の両極端を避けることによって身について来る。このような両極端の真ん中を「中庸=メソテースmesotes」と呼ぶ。両極端を避けてその中間を選ぶのが賢明な行動である。例えば、無謀-臆病の中庸に位置するのが勇気である。

   (つづく)

テーマ:哲学 - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 37 : 36 | 倫理学きょおおおしつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベネリックがんばる
2006 / 05 / 24 ( Wed )
 先日話題にした貯金箱はここで出ていたよ。楽天はまだ。ついでに、アクセサリーケースもあって、こっちは造形が小さいので目の大きさもバランスよく、とても可愛くできている。ヲヤジどもはカフスボタンを入れよう。てゆか、ケースごと何も入れずに飾っておくべきかな。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

08 : 45 : 07 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CDボックス
2006 / 05 / 23 ( Tue )



 新着情報貰ってるんだけど、あーあー。8種類全部たのんじゃったー。これで遺産のCDすっきり。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

19 : 25 : 02 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フィギュア
2006 / 05 / 23 ( Tue )



 こんなのもあるよ。陶器製なので持ち歩きはなし。小さいけど名場面集になっている。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

08 : 50 : 06 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妹モチーフは珍しい
2006 / 05 / 23 ( Tue )



 ぶらりんホルダー、実は何度も見かけていてリサもガスパールも可愛くなかったので手に取らなかったけど、妹とブクルドールは可愛いんだよな。結局三度目には手元に。
 ベネリックは色々フィギュア頑張っている。けど目をもっと大きくすれば可愛くなるのになあ。
08 : 44 : 57 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これも
2006 / 05 / 23 ( Tue )



 全部別々に揃えたけど、セットもあったんだね。中でもプレートの方は珍しい磁器っぽい艶と透明感があってとても好きだ。
08 : 33 : 38 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ