風邪ひきの楽しさ
2006 / 04 / 30 ( Sun )




 自分が内向的だったので、休みの日の楽しさはよく解る。騒がしい輩は嫌いだ。ほっといてほしい。土足でテリトリーに踏み込まれることの不快さよ。
 それは兎も角、リサは別に学校が嫌いとか友達づきあいが面倒という子ではないので、今回初めてヲタクの楽しみを知ってしまったわけですな。ただ、セーヌ河畔で水溜りをばしゃばしゃしたくらいのことで簡単に風邪なんかひくかねえ。
 普通に「パパに学校へ送って行ってもらう」のもいいなと思ったが、翌日か寝込んだ日、ベッドで「ママが遊んでくれた」ことにヒジョーに感動してしまった。トランプだか何だかをベッドの上にいっぱい広げ、リサママと遊ぶ絵は五臓六腑にしみ渡る。親って遊んでくれるものだったのかー。いや、やっぱり風邪で特別だからだよね。昔の親も今時の親も「早くしなさい」が口癖でしょ。親って子供を叱るために居る存在だと思っていたので、「遊んでくれた」というのは、もう何だか敵に塩を贈るみたいな印象があったのだ。いいなあー。
 冬なのにチョコレートアイスは食べられるし、アニメは見放題だし、味しめたリサはヲタクへの道まっしぐらである。いらっしゃい。待ってるよ。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

19 : 17 : 07 | 作品レヴュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
説教5(つづき)
2006 / 04 / 30 ( Sun )
 では、ソークラテースの考えた方の「善く」生きるという意味をもう少し詳しく見ておこう。

 デルフォイに太陽神アポッローンApollonを祀った神殿があり、ある時ソークラテースの知人がそこで「ソークラテースより賢い者はいない」という神託を受けた。ソークラテースは自らを無知であると思っていたのでこれを不審に思い、当時賢いとされていた政治家や詩人たちを訪ね歩いては対話をした。しかし、いつも失望する結果に終わる。彼らは自分たちの専門分野に関しては沢山の知識を持っているが、最も大切な「善」についての考えを持っていなかった。それなのに自分のことを知恵者だと思い込んでいるのだった。

 そこで、ソークラテースは気づく。神託の意味は、「自分が賢いと思っていない=無知であると自覚している」点で誰よりもソークラテースが優れている、ということだったのである。デルフォイのアポッローン神殿には「汝自身を知れ」という言葉が刻まれている。身のほどをわきまえよ、という意味だったが、ソークラテースは無知の自覚を促す言葉と解釈した。

 これら一連のことを簡単に「無知の知」と呼んでいる。ソークラテースは、そこで、無知の自覚を真理探究の出発点とした。

 人間は、ただ知識が多ければ良いのではない。人間としての魂を善くする努力をすべきなのである。魂を善くしようと努力し、知恵を愛する者を愛知者philosophosと呼ぶ。この綴りを見て諸君も気づいたであろう、sophiaは知、ゆえに哲学philosophiaとは「知を愛すること」という意味である。従って、愛知者=哲学者である。ソークラテースは未だ知者sophosではないが、自ら愛知者philosophosと、自信を持って称したのである。

 さて、真理へと近づく方法についてだ。ソークラテースはソフィストたちの説く相対主義を批判し、対話によって真理に至る方法を示した。この方法を「問答法」と言う。或いはソークラテースの母が助産婦であったことから「産婆術」「助産術」とも言う。問答法の実際は、ほぼプラトーンが書き残している通りであろうから、是非原典に当たっておこう。諸君はひとまず翻訳で良い。文学作品のように口当たりの良い文章でありながら、奥が深い。プラトーンの著作はどれも大切なものばかりだが、『饗宴』『ファイドロス』を特に挙げておく。

   (つづく)

テーマ:哲学 - ジャンル:学問・文化・芸術

18 : 40 : 19 | 倫理学きょおおおしつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430162059
ふえっ波うちぎわだけほけほ
16 : 21 : 14 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430160010
舟ごとおぼれるー
16 : 00 : 24 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430155719
あっ氷山
どしーん
15 : 57 : 33 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430155708
だいじょぶかなあちゃぷちゃぷ
15 : 57 : 23 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430155419
よっしゃーつかまれっ
15 : 54 : 33 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430155408
たすけてーい・・・ごぼごぼごぼ
15 : 54 : 23 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430155105
あっありがと・・・ぜいぜい
15 : 51 : 19 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430155101
しっかりしろっ
15 : 51 : 15 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
救助隊シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430154809
たーすけてーぶくぶくぶく
15 : 48 : 23 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430112402
(宇宙にて)
講和会議ってなに?
11 : 24 : 13 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430112109
こらっリサ
お姉ちゃんにも寄越しなさい
11 : 21 : 20 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430111759
そんなこと言うんなら世界征服するもんね
11 : 18 : 10 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430111503
じゃーいいよアジア以外全部取った!
11 : 15 : 14 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430111458
アジアはもう取ったんだってば!
11 : 15 : 09 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430111217
アジアとオセアニア取った!
11 : 12 : 28 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430111157
ユーラシア取った!
11 : 12 : 08 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリ講和会議シリーズ
2006 / 04 / 30 ( Sun )
20060430110859
分割を行う!
11 : 09 : 10 | リアルさんぽ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鞄のナゾ
2006 / 04 / 30 ( Sun )



 ファイル整理ボックス裏見ていて発見した。今更だけど。このリサの妹の巻にポンピドゥの噴水前の絵がある。そこでは、リサの鞄が赤でガスパールの鞄が黄色だった。ということは・・・・・・先日紹介したセット内容は正しかったのか。むしろ言葉絵本とハンカチの絵柄で取替えっこをしていたのかな?

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

09 : 45 : 36 | 激萌えー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ