クリスマスショー
2016 / 12 / 24 ( Sat )


 調子に乗ってもう一本。ゆっくりできる夕方にどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

11 : 43 : 33 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスの朝
2016 / 12 / 24 ( Sat )


 ミンナサンめりくりー。とはいえ、わたくしはクリスチャンではない(身代わりで洗礼させられたことはあるが信仰は持っていない)。ま、おおかたのニホンジンは関係ないのにクリスマスを祝うというおめでたいヒトビトであるから、そこは大目に見て頂くことにしよう。
 この時期基地に居る時はいつもアンディ・ウィリアムスのクリスマスアルバムをかけているのだけど、ジングルベルとか、フツーの曲に飽きたヒトはこれも聴いてみてね。60年代の健康なアメリカン集団アイドルたちがバックダンサーとなって歌って踊る風景が目に浮かぶよう。
 ↑こちらはアンディが大スターだった頃の絶頂期の歌声が聴ける「アンディ・ウィリアムス・ショー」から。
←ほぼ同じ音源なんじゃないかと思うようなレコーディングである。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

10 : 41 : 17 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ありがとうアンディ
2016 / 09 / 27 ( Tue )


 あまりリサとガスには関係ないのだが……わたくし的アイドルスターが奇しくも9/27に亡くなっていたことに今朝気づく。もう4年も前だった。わたくしとしたことが……

 昨日、やっとやっとVHSビデオデッキ(3台目)を中古で譲って頂き、試運転がてら懐かしいものを見ていたところだったのだ。アンディうまいなー、などと唸りながら往年のAWショーを堪能していたら…スマン。まあ、お歳がお歳なので仕方ないけど、60年代のアメリカ的大スターが死んでいたことに気づかなかったなんて情けない。
 ということでこちらでも供養。今日は基地に居る間じゅう追悼アンディ祭りしまする。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

10 : 22 : 10 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イーノ、いいのう。
2006 / 07 / 24 ( Mon )

 結局密林で日本版あったから新品かっちったー。いいー。すごくスキー。ここ一週間ほどは山下達郎を5枚LP4モードで一枚のMDに収めてべんきょーの行き帰りに聴いているのだが、何だか雨ばかりなので気分が出ないな。やっぱりアンニュイな天気の時はイーノの方が合ってるかもよ。
 これ、高原の乾いた空気の中で聴くのも涼しくていいと思うよ。

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

20 : 47 : 21 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブライアン・イーノは4だった。
2006 / 07 / 22 ( Sat )

 それで、昨日教えてもらったのは勘違いで4の方だった。こういう環境音楽は好きなんだよなー。体が音に反応して自由に動いていく。

 ところでリサとガスパールの世界って、音楽がないんだよね。映像が強烈過ぎて。パスコのCMはわりといい感じのシャンソン風コドモ声で合ってたけどね。音楽色々親しんでいる方のわたくしでさえ、イメージ湧かない。

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽

17 : 59 : 53 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日出会った音楽
2006 / 07 / 21 ( Fri )

 今日、初めて認識した。たまたま訊ける人が居たためにその名と音楽が一致した。
 恐らくは今まで聴いていたに違いないのだが、誰による何という曲だか知らなかったのだ。心地よい環境音楽、癒しの音である。フランク・ローレンツェンも大好きだが、今後ブライアン・イーノを発掘することになりそう。これと出逢ったことは確実な幸福への一歩である。

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

20 : 24 : 55 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスまだまだ続く
2006 / 07 / 18 ( Tue )
 それで・・・・・・昨日の予言通りにシーズンズグリーティングズと、あまつさえライドオンタイムを勢いで買ってしまっただー。ういー来月のカード支払いがちと辛いぞ。
 でも、買って良かった。特にクリスマス盤はスタンダードを達郎風アレンジにして自演。もう10年以上前の盤だとはね。これは新しい日本のクリスマス盤として定着して欲しいものだ。
 RIDE ON TIMEの方は、ボーナストラック4曲でやっぱりいいぞ。このおまけの方のRIDE ON TIMEがマクセルのCMで耳に残っている方だよね。

テーマ:懐かしい音楽 - ジャンル:音楽

20 : 41 : 44 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
凄かったですねー
2006 / 07 / 18 ( Tue )
 今日のスーパーピアノレッスン。生徒さん天井見て弾く癖があるあのおねーさんでしたな。メシアンは一種癒しの音楽だと思う。わたくしも好きだ。でも、神秘主義的な数字の使い方など、自分で苦労して弾きたいとは思わないなー。脳が麻痺する感じが心地よいのだ。だから、聞く側でいるに限る。
 本当の最終回は来週。おさらいとインタヴューをやるんだって。しかしまあ、ここまでのレヴェルになるまでどれだけの絶対量練習したことだろうみんな。見てるだけで疲れて来るよ。
 テキスト買いたい人は急いだ方がいいかもよ。番組終わるとお蔵入りするからね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

20 : 18 : 58 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大波ぢゃ!
2006 / 07 / 17 ( Mon )
 はい、お約束どおり購入しました。やっぱりいいわー。これこそ夏だね。わたくしがバロック/クラシック/ジャズ畑のヒトだということは長い読者様には既にお解りのことと思うが、その時代を反映する音楽はやはりお客さんながらとても懐かしいものを感じるよ。思い起こせば、BIGWAVEはっきり認識して聴いたのはNHK-FMの番組でまとめて全部放送した時だった。そ。その頃は、丸ごとアルバム全部番組でぶっ通し流すなどということをしていたんだよ。今もそうなのかは知らない(もうAM語学講座しか聞かないからな)。その時、「あっ、これ !!」と咄嗟にストックしてあったカセットテープを押し込んで、途中からだったけど録音したのだ。長らくそれを聴いていた。そして、図書館でみつけて改めて借り、最初から綺麗にSONYのJHF46に録る。FMステーションの付録だった鈴木英人のカセットレーベル、ウィンドサーフィン柄を切り取って丁寧に曲目を写し取り。何もかも皆懐かしい・・・・・・
 ところで、ライナーノートをゆっくり読んだら、これB面はほぼ全部ビーチボーイズのカヴァーだったんだね。スマン今頃。それほど違和感なくA面と繋がっていたから。

 それでですね。Greatest Hitsも一緒に買ったんですよ今日は。Ride On Timeが前二点には入っていなかったから。マクセルのCMソングだったんだよね。達郎、あれでブレイクしたそうだ(ですよねファンの方。詳しくないので間違ってたら薀蓄垂れて下さい)。ああー返す返すも80年代のサウンドだわ。

 この勢いだと明日は達郎クリスマス ???

テーマ:懐かしい音楽 - ジャンル:音楽

22 : 17 : 49 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タイムスリップが止まらないあなたへ
2006 / 07 / 16 ( Sun )
 因みに英人の公式サイトはこちら。http://www.eizin.net/index.htmlあー懐かしくてうるうるしちゃう。達郎はこちら。http://www.smile-co.co.jp/tats/
 トリップトリップ!!
19 : 23 : 30 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
達郎と英人と輝かしい80年代の夏
2006 / 07 / 16 ( Sun )

 わたくしの趣味をご存知の方は意外かも知れないけど、今日はこれを買ってしまった。ここ数日、とても暑くて夕立があって、いかにも夏でさ。そうしたら、やっぱりこれが聴きたくなったのだ。1982年に出て、そして80年代は夏と言えばどこからでもこれらの曲が聞こえたものだ。普段J-pop側に立っていなくても、この盤だけは80年代の時代の雰囲気だったのだ。懐かしい・・・・・・一番はやはり"Your Eyes"。
 鈴木英人のイラストレーションも大好きで、FMステーションというラジオ雑誌を毎号買っていた時期がある。Eizinカセットインデックスが沢山ついていたんだよね。今考えても、この二人は出逢うべくして出逢ったのだと思う。
 その頃は貧乏学生だったからレコードを図書館で借りて、カセットテープに録って、繰返し聴いた。勿論今でもそれはあるけど、達郎に敬意を表して、改めて買ったんだ。凄く良い!!
 明日はやっぱりBIG WAVEも買おう!

18 : 46 : 19 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ついでに
2006 / 04 / 18 ( Tue )
 アキラせんせい話もこっちでしちゃえー。
 今日たまたま『クィンテット』を最後だけ見られた。アキラアレンジ『さくら』やってた。それが面白いの。クラシックの曲を少しずつかいつまんで入れてある。ワルキューレの一部だったり、終わり方はラフマニノフ二番協奏曲だったし。
 しかしそれよりもっと凄いと思ったのは、「さーくーらー」の「らー」のところがディミニッシュコード(だと記憶している)で運命的な、熱情的な和音になっていること。普通はセブンフラット9なのに。和音の魔術師アキラの始まりか。

 サンアローでクィンテットのパペット作り始めたけど、流石にアキラせんせいのパペットは売らないのかな。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

21 : 25 : 16 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こちらですることにしよう、音楽話
2006 / 04 / 18 ( Tue )
 リサたちとは関係ないんデスガ、本宅を放置プレイしているので、もはや誰も見ていないであろう。ついでにこっちのパリ宅で暮らしてることにしちゃえ。それで今後、話題色々。

 今日もスーパーピアノレッスン凄かったねー。しかし、ベロフせんせいのYAMAHAは何だか調律がヘンだったぞ。一番下の音がとっぱずれてましたな。
 ロシア娘の生徒さん『水の戯れ』二回目で、表情のことを色々助言されたね。まず技術。兎も角弾けなきゃしょうがない。でも、プロフェッショナルたるものその上に表情がつけられねば。
 ベロフの言葉「joli, joli, mais...」綺麗ですが、ラヴェルの指示には従っていません、というのが教師として上手い言い方だなと思った。

 模範演奏は、今日のは余り感心しなかったけれど、やはり過去にあった手の怪我を引きずっているのだろうか? 微妙な音のタイミングについてである。ラヴェルの意図した「溜め」を僅かに外して長過ぎたり、指先がもつれているようにも聴こえる。

 今日もやっぱり、この曲は自分には手に負えない、という結論に達したとさ。聴くだけで疲れた。
 おまけ映像のパリが懐かしいなー。しかもBGMは亡き王女であるよ。あー行きたい行きたい。心だけは絶賛パリ滞在中なんですが。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

20 : 21 : 24 | 恩額 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |