リサとガスパールのフランス語講座演習・新規募集
2013 / 01 / 17 ( Thu )

 またまたこんなところであれですが。フランス語入門者・初級者の方で、リサとガスパールをフランス語で精読したい方、どうぞ名乗りを上げて下さい。詳しくは過去記事をご参考に→こちら

 中級ならもう自分だけでどんどん読めると思うから、やはり対象は足元がちょっとおぼつかないかな、という方ですな。
 あと、フランス語原典本は手元にお譲りできるきれいなものが複数冊ある。初回授業時にお持ちできるので、高い買い物をせずに、まずは相談してね。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

21 : 36 : 06 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フィガロももう5月号
2012 / 03 / 24 ( Sat )

 今朝コンビニでメール便を出した時にふと目についてしまったあ。写真が綺麗なので買いたい煩悩120%だったが、なにしろ重い。どこか近場で、帰り道に買えないかなあと思っていたら機を逸す。
 なぜからでれとキティちゃんのコラボシールつきである。なにそれ? キティちゃんはフランスでも「エロキチ(Hello Kitty)」と呼ばれて人気ならしいけど、何でかのラデュレとコラボ?

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

18 : 51 : 02 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フランス語家庭教師/個人レッスン
2012 / 03 / 14 ( Wed )

 つらつら思うに、学者は死ねという世の中である…それで、こんなところであれだが、生徒募集させて頂くことに。
 基地に来て下さる方たちはみんなリサとガスが大好きで、フランス語で読んでいらっしゃる方も、読みたいけどちょっと、という方もいるだろう。
 実は数年前わたくしの開いている私塾(笑)でフランス語でリサとガスパールを読む講座を開いたことがあったのだが、これがまあ興行成績さんざんでな。リサとガスの認知度がそのころまだ低かったのと、「フランス語って難しいんじゃないの?」という敬遠の風潮があったのとで、赤字にはならなかったけどせいぜいカフェ代だった爆。

 改めて、文法・発音矯正・リサとガスの訳読をしっかりやりたい人の講座を開こうと思う。勿論二人とか三人とかの少人数でもいいけど、スケジュールを合わせるのが大変だろうし、個人レッスンが妥当かと。単位は60分みっちり授業で、前後にお茶を飲んだりリサとガスをめぐる四方山話とかもしたいし。教材費・都内出張費込。
 どのような経歴で実際どのような指導歴があるのか、本気で授業を受けてみたい人はめるふぉからご相談下さい。条件を考えて無理だと思ったらあっさり断っていいよ。ただ、個人情報をお見せすることになるから、単なるひやかしは無しで宜しくね。

 この一年ちょっとメルタンさんが言いだしっぺで「読書会」というのは開いているけど、これは輪読であって講義演習ではない。参加者は初級文法がひととおり終わっていて、時間をかけて辞書をひけば自分で解決できるというレベルである。毎回一冊を60分以内で読み終わっている。
 ゆえに、全くフランス語を習ったことがないとか、習い始めたとか、何年か勉強してるけどあまり上達しないとか、そういう方向き。どうしたら効率よく学べるか、というヒントも差し上げられると思う。絵本の購読はどの巻でも希望に合わせるよ。文法的に難しい部分(接続法とか)はひとりひとりの学習進度に合わせて飛ばしたり、寝かせておいたりもできる。それが個人レッスンのいいところだね。

 メールでの事前相談は納得ゆくまで充分どうぞ。まずはこちらへ名乗りをあげてね! クリック→初回連絡先
続きを読む

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

19 : 01 : 19 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フランスの旅、行きたしとおもへど
2011 / 12 / 07 ( Wed )
 フランスの旅、今年初めての新刊。楽しい~ゆっくり読む時間がほしい~。ほんの数年前からネット上に出ているのが気になりだし、試しに一冊注文したらみごとにつぼでしたぞ。で、今では絶版以外全部取り寄せてある。受験勉強だけではこういう豊かさには辿り着かないんだよなあ。
 フランス文化大好きだが、スノビッシュなイギリス文化も好きで『RSVP』という雑誌(前身は『英国特集』)や紅茶関係の本も基地にはだいぶありますぞ。 茶がまずいと朝から機嫌が悪くなるので色々とりそろえてあるのだが、昨今パーチーでいいもの飲みすぎ(笑)でちと疲れ気味。しばらくハーブティーと白湯でいいや。
 ずっと疑問だったのだが、リサとガスパールのお料理本2冊、レシピはいったい誰が? と思っていたら、アンヌ女史もしくはグットマン家伝来のものだったのかな? お料理お好きだそうだし。
The magazine "travel to France" vol.10 is coming. This is very amusing. Every time I take one, I feel rich and luxury. I also like snobish British culture. Especially the tea is important for me. The recipes of G&L cooking books are based on that of family Gutmans? Or Madame Anne made them by herself?

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

01 : 05 : 41 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぱりなう
2011 / 10 / 16 ( Sun )
パリの夜景parふみおさん
 パリで大活躍中のふみおパパからさきほど届いた夜景、綺麗だね~。フランスへ行きたしとおもへども、フランスはあまりにとほし。せめてふみおパパの写真で気分をだしませう。
A picture taken by Mr.Fumio in Paris. We adore Paris, but for the time being I cannot fly there...

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

23 : 36 : 24 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
パリなきぶん
2011 / 08 / 30 ( Tue )

 以前にも紹介したような気がするけど鹿島せんせいはすごい。近過去と現代のパリのこと何でも知っている。それで、楽天点数が半端に残った月末にはたいてい鹿島せんせいの本を頼んですっきり使い切ることになる。 最近、またパリ行きたい病が起きてきてパリDVDばかり見ているのだが、それと並行して鹿島本が電車のおとも。疑似パリはちょっと19世紀的汚さとか不条理とかで怖くなることもあるけど、要するに寛容な文化の街なのだ。
 アンヌ先生の書かれるお話は、構築的というよりエスプリ、まさにフランス的である(気がする)。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

23 : 15 : 56 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コマントゥディールアデュー
2011 / 05 / 27 ( Fri )

 さて、今日雨もよいの中聴いていたのがこれさ。フランソワーズ・アルディ「さよならをおしえて」。いやはや、シャンソン70年代以降では定番中の定番だけど、何度聞いても新しい名曲。名曲は時代を超えるのかなあ。恥ずかしながら、わたくしは日本のテレビドラマのテーマ曲として初めて認識したんだけど、その時は古い時代に作られた曲だなんて全く思わなかったのだ。そのくらいいわゆるトレンディドラマに合っていた。すごいことだよね。
 リサとガスパールのテーマにもできそうな気が…短調のような長調のような、不思議なところがいいでしょ。まだの人は是非聴いてね。ゼッタイ気に入る筈。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

22 : 01 : 42 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ラデュレのまほう
2011 / 05 / 24 ( Tue )

 あー買っちゃった。銀座のサロンはいつ行っても満員で座れず、タオルハンカチを買って大事に使ってがまんしていたんだけど…お味がどう、と言うんではないのだよ。雰囲気ね。l'air。ラクシャリーな空気に酔ってしまうのさ。でも、それも味のうち。やっぱり頑張って粘って座ろうかな。
 で、この本は商品紹介のほかに歴史や世界にあるサロンをぜいたくに紹介してくれてる。マカロンやルリジューズとかのシールが丸ごと一枚おまけについてるし、豪華本だけど実質高くないと思うよ。
 とゆわけで、いつかの回の読書会は日本橋か銀座でタノミマス。いつになってもいいよ。待ってるから。

 レシピも上陸したんだけど、作れないに決まってるから(と決めつけてはいかんのだが)まだ敷居が高い。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

00 : 22 : 42 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリのふんいき
2011 / 04 / 05 ( Tue )
  
 激さむからやっと春らしくなってきたぞな。で、春になるとこれをかけたくなるのだ。何と、今では中古品にけっこうなお値段がついてるんだね。パリ左岸のカフェな感じで心だけパリへトリップよ~ん。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

21 : 24 : 22 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
本日発売
2010 / 11 / 20 ( Sat )

 それでですね、パリのケークサレ、本日発売。「サレ」とは、塩味のついた、という意味の過去分詞形→形容詞だ。これまであまり注目されなかった分野ではないかな。わたくしブルターニュのガレット好きなのでケークサレも楽しみ。リサとガスパールはスュクレの方が好きだろうけど……

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

11 : 03 : 52 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソワジックとは。
2009 / 05 / 10 ( Sun )
 とゆわけで陶磁器スキスキがもりあがっちゃってスマン。ソワジックとはこれデス。流石に楽天市場には無いだろうなあ。ソワジック日本サイト
 ちなみに、わたくしの買ったモデルはもう型落ちで売ってしまいたいらしく、ウェブには出てないね。本当は一客が一万とかするものなので、欲しい人はプランタン銀座の6階に行ってみたまい。昨日の段階でまだ10セットくらいワゴンにあったよ。あとハートのカップetソーサーもあって、こちらはペアで15000円+税。通常価格で売ってるものはここに沢山はないけど、もし興味があるなら三田の日本総代理店行ってみたら。

 今回はリサたんガスたんにあんまり関係ないけど、おふらんすとゆことで許してけれー。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

21 : 21 : 24 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ここらでフランス語もどですか。
2008 / 04 / 23 ( Wed )



 さて、またまたスポンサーさまごしょーかい。語学関係たくさんついてくれたよ。ヨカタライテミテ。これ、自分の経験でもあるけど、英語がある程度わかればフランス語もドイツ語も(ついでにイタリア語もロシア語も)言語構造がほぼ同じだから早く理解できるよ。だから、日本語と当地の言語をつなげるより英語を仲介した方がクリアな場合が多い。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

00 : 48 : 32 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エッフェル塔
2007 / 04 / 18 ( Wed )
 勿論エッフェルさんという偉い人が設計したんだけど、モンパルナスタワーla tour Montparnasseはモンパルナスさんという人が設計したわけではない笑。ただの無粋なビジネスビルだし。リュクサンブール公園から、一本だけ不釣合いに近現代的な棒がにょきっと立ってるのが見えて可笑しい。
 さて、絵本の中でも色々に見えることのあるエッフェル塔、ミンナサンはしゅきかい? わたくしは・・・・・・当時市民が大反対したのも頷けるよなあと思いマス。リサでガスパールなミンナサンは知ってるだろうけど、パリ市内であの醜悪な建造物が見えない場所はどこかと探した挙句、エッフェル塔の下に辿り着いた偉い人がいたことも笑い話デス。でも、今はもう街に溶け込んでるよね。

 フランス人の一般像としては「保守的」であると言われる。しかし、時々思いもかけずとんでもない斬新なことをしでかす。ルーヴル宮のガラスのピラミッド然り、サントゥル・ポンピドゥ=リサのおうち然り。良しにつけ悪しきにつけ、フランス革命の国だよね。

 こんな本もありマス。哲・倫のヒト向け。それとエッフェルさんに興味あるヒトはこちら。鹿島せんせいは(学者としては)若いのに池内紀せんせいに匹敵すると思う。独の池内、仏の鹿島ぢゃ。

 因みに、わたくしが初めてかの地に足を踏み入れた時のスヴニールは、やっぱりエッフェル塔のキーホルダーを20個ばかり笑。三度目に行った時は低層にあるレストランで夜景つきディネ。まずい(ぷっ)。フランス政府観光局はこちら。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

11 : 02 : 05 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山本容子
2006 / 11 / 25 ( Sat )
山本容子。今日全くその予定も無かったのに新宿伊勢丹に寄ったら、たまたま版画即売つきの個展をやってた。もー大感激。来週までだからみんなも行ってね。愛犬ルーカス・クラナッハへの愛が溢れてる。しなやかという言葉がとてもぴったりする、わたくし二押しの現代芸術家だ。勿論一押しはゲオルクさんだよ。新宿伊勢丹

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

21 : 51 : 23 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リサガス関連で
2006 / 09 / 01 ( Fri )

 今日は朝仕事、出先からちと不動産屋に寄った後おかいものー。本屋さ。そこで、リサガスのデザートブックを日本語版監修・お菓子作成した山本ゆりこの本と出逢った。これがなかなか素敵にできているよ。あとでレヴュー書こっと。わたくしは茶人なので(別に千家ではない。西洋式)こういう本は好きだ。岡倉天心も読め。

 ついでに山本ゆりこ本はっとこ。

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用

16 : 10 : 44 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フランス縦断紀行
2006 / 07 / 18 ( Tue )
 一昨日からフランス縦断の特番やってます。http://www.nhk.or.jp/france/ライヴ中継なので色々段取り悪いところもあるけど、それがまたリアルに歩いている感を出すものだね。
 初日はフォンテーヌブローだった。ここはわたくしもかつて訪れたのだが、トラベルミン服用中だったので折角行ったのに眠くて眠くてふらふらしながらただ歩いたという記憶しかない。パンナコッタナンテコッタ!
 二日目はパリ。観光名所ではなく、フツーの人の暮らしぶりの中へライヴで飛び込むというのは珍しい企画かも。ノートルダムは住んでいるとなかなか行かないから、改めて観光客気分に戻れた。懐かしいよ。リサとガスパールの生まれたマレ地区には行かなかったね。個人的にちょっと残念。
 さて、今晩は南へ。中部フランスの農業国ぶりが見られると思うよ。楽しみだね。

テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報

10 : 00 : 33 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
革命記念日
2006 / 07 / 14 ( Fri )
 ぢゃないですか今日は。今頃気づいてどうする。パリの衛星生中継ないかなー。探してみよ。

 今日も引き続き良い天気だったので、額縁を8つほど買い足してインテリアいじり続け。わたくしの一番大切なものは家族なので、自宅には20ばかり家族の写真がかかっている。ちょっと古くなった額は洗って干して装丁し直して・・・・・・と、天気の良い時こそメンテナンス日和である。もうへとへと。
 それらに混じって、今やリサたんガスたんも新しい家族になっちゃったね。
20 : 48 : 56 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デルフィーヌ伯母さんも窓から毎日見てる筈だよ。
2006 / 07 / 13 ( Thu )
 それでですね。インテリア関係はスキスキ大好きなんですよ。Art&Decoration行ってみ。最新号はオペラ座に潜入の記事がかなり詳しく出ていたので迷わず買った。
 滞仏中、ガルニエ宮には幾度と無く通った。舞台の客としてより、建築物の愛好者としてね。
22 : 29 : 38 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リサのおうちに行ってみよう。
2006 / 04 / 12 ( Wed )
ここざんす。
12 : 16 : 20 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パリは萌えているか
2006 / 04 / 12 ( Wed )



00 : 43 : 32 | おふらんす | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |