生誕-2017をオランダのヒトがまとめてくれたよ。
2017 / 02 / 21 ( Tue )


 もう一本ブルーナ父さんを偲ぶ会どうぞ。今週は追悼週刊に致す。オランダ語はやったことないけど、綴りとか発音とか、ドイツ語に似ているのでわたくしには親しみがありマス。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

10 : 15 : 28 | ディック・ブルーナ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お元気なころ
2017 / 02 / 18 ( Sat )


 ということで、お口直し? 在りし日のブルーナ父さんの雄姿をご覧あれ。これは、ミッフィー展で見た記憶がある。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

19 : 25 : 31 | ディック・ブルーナ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うさこちゃんと空へ
2017 / 02 / 18 ( Sat )

 とうとう……。お歳なので心配はしていたのだが。一時代を作った偉大な絵本作家。 わたくしが初めてであった絵本もちいさなうさこちゃんから4冊だった。だから、60年代の絵柄が最も親しみある。
 有難うございました。

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

16 : 13 : 58 | ディック・ブルーナ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まとめみみ
2015 / 04 / 16 ( Thu )
ミッフィー展
 昨日初日と気づかず……とはいえ、本分はリサとガスパールのファンだから、絵本界の大御所として・懐かしいものとして畏敬の念を持っている程度なんだけどね。夏のリサとガスパール展告知がちらしに印刷されているのをブリオッシュさんのツイッターで知って、行かねばな気分になったわけ。でも、行って良かったよ。絵本不採用原画がかなりたくさん来ていて、きっとコアなファンにはたまらないと思う。わたくしが一番いいなと思ったのは、初期の油彩・水彩・スケッチ群で、特に「朝食メモ」が微笑ましかった。色鉛筆で夫人にあててささっと描いた日常のメモ。愛妻家ぶりが垣間見られるね。

 2日目ということもあって初日よりは混雑していなかったと思う。でも、グッズ会計はやっぱり蛇行の行列ですごい。展覧会場よりグッズ売り場の方が混んでる感じ(笑)
 グッズでちょっとショッキングだったのは、うさこちゃんのおばあちゃんが亡くなった時の絵を手拭いにプリントしたもの……な、なんでこんな場面を??? ベッドで目を閉じたおばあちゃん、閉じられた棺桶の蓋、なんか、それ見ただけでじわーっと泣けてきちゃった。買う人いるのかなあ?
 3000円以上購入でうさみみが貰え、スナッフィー探しに参加できる。ま、スタンプラリーみたいな感じで、多分館内を知ってもらうのが狙いのイベントだけど、コアなファンのヒト以外には景品がちょっとアレでしたな。(爆
 でも楽しかったから、また行っちゃうかも。オランダに行ったらブルーナ博物館には絶対行くつもりだけどね。そうそう、そちらでしか買えない筈のフェルメール「真珠の耳飾りの少女」とコラボしたぬいぐるみとマスコットが売られていたよ。
公式サイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

21 : 44 : 03 | ディック・ブルーナ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |